exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
社長(agitator)
SOIL & "PIMP" SESSIONSのアジテーター(扇動者)であり、バンドとオーディエスをひとつにつなげる役割を担う。
車、パソコンにめっぽう詳しい。現在の愛車はVOLKSWAGEN TOUAREG。
OFFICIAL WEB SITE
LABEL SITE
 
【SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES LIVE SHOW】
LIVE SCHEDULE
information
Concept Cover Album
『SOIL&"PIMP"SESSIONS presents
 STONED PIRATES RADIO』
2010.12.08release
VICL-63684
¥2,500 (tax incl.)
このCDを購入する
<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ageHa
リアルジャズとクラブジャズの融合。
そんなコンセプトを掲げたイベントが、先週末、新木場ageHaで開催された。
Joshua Redmanや菊地雅章と並んで、僕らやNicola Conte、quasimodeの名が並び、さらにDJにはGilles PetersonやMoodymann。ちょっと今までにない夜だったね。

小林径さんから、初めてこの企画の話を聞いたのは、遡ること1年くらい前かな。とにかく楽しみで仕方がなかった。実際ステージから見るお客さんの中には年配の方もいて、このコンセプトが見事に貫かれている事を実感した。

1, Quiet fire(by J.A.M)
2, A.I.E(仮)
3, Fuller Love
4, Blackwidow
5, Waltz for goddess
6, Sahara
7, A wheel within a wheel
8, Suffocation
encore
9, 殺戮ニューウェイブ

新曲はいかがでしたか。ちなみに福島で蔵出し後、2回目。
[PR]
by soilblog | 2006-09-26 04:06 | Comments(8)
福島
日曜日、福島の護国神社でのイベント、「MusicaFestaFukushima」に出演した。
神社の境内でのライブなんて、そうそう経験できるものじゃない。また福島県はみどりんの出身地でもあり、僕らとしても初の福島。いろんな意味で今回は楽しみにしていたライブだった。

1.Follow
2.Fuller Love
3.Sabotage
4.the BlackWidow
5.新曲
6.Waltz for Goddess
7.Sahara
8.A wheel within a wheel
9.Suffocation
10.殺戮ニューウェイブ

会場に到着し、境内立った瞬間、頭の中に流れたのはWheelだった。なぜだろう。
実際、この日のWheelは、これまでで一番だったんじゃないかな。何かが降りてきたような。この曲の間だけ涙が止まらなくなった。どこか不思議で最高に気持ちのいい瞬間だった。

この機会を与えてくれた実行委員のみなさんと、来てくれたお客さんみんなに心から感謝します。


前日、山の中の温泉宿に宿泊。宴会場にはこんな看板が。
e0085168_1514882.jpg

[PR]
by soilblog | 2006-09-19 15:02 | Comments(21)
夢のつづき
ちなみに、あの夢の話、続きがあるんです。

その後、ライブ会場となる、海辺の古城へ向かった。
断崖に建つその古城の中には、クラブやバー、レストランが作られている。
窓から下を見下ろすと、ビーチでは時代劇の撮影が行われていた。
主演は高橋英樹氏。砂浜で、白いショッカー的な集団を相手に、たちまわっている。しかし、どうもしっくり来ない様子。そのときADが僕のほうに駆け寄ってきた。

「すいません、殺陣、いけますか?」

「はい?殺陣ですか。いけます!」

渡されたのは10センチくらいの小刀。対する高橋氏は日本刀。じゃ、一度テストを、と言われ、高橋氏と軽くお手合わせ。いける!それは見事な殺陣だったよ。
それでは、と、スーツに着替えて、いざ本番。
しかしこれがうまくいかないんだな。気が付けば、腕は血だらけだ。

「刀が短いよ。代えてくれる?」

と言った瞬間、目が覚めた。
さあ、どう判断する?

最近タブログが面白い。
http://president.weblogs.jp/tabuzombie/
ちなみに、タブにこの夢の話したら、
「ああ、社長は本番に弱いもんね。」
だってさ。
[PR]
by soilblog | 2006-09-15 17:16 | Comments(10)
わすれもの
フランスでの話。
電車で長距離の移動だったのだが、この電車がオリエントエクスプレスのように瀟洒な車両だった。
そろそろ目的地に到着するころ、どうしてもトイレに行きたくなった僕は、車両最後尾の景色の見えるトイレへ。なぜか和式(厳密にいうと、少し違う)なのだが、一面ガラス張りで田園ののどかな風景を見ながら用を足せるという、粋なトイレ。
これは気持ちがよさそうだ、とズボンを脱ぎ、いざ、と便器にまたがった瞬間だった。ふと顔をあげると、電車は駅に滑り込んでいくではないか。窓越しにホームの人々と目が合う。あらら。マジックミラー的な仕組みになっていることを願いつつ、とりあえずパンツをはき、発車するのを待とうと、その広いトイレの椅子に座ってみる。

なかなか発車しないねぇ。
駅名に見覚えがあるな。あれ、降りる駅って、、、外に書いてある駅名といっしょかも。。。。

やばい。

身支度もそこそこに、大急ぎでトイレを出る。乗っていた車両にもどると、みんなドアの脇で僕の荷物をもって待ってくれていた。すでにドアは閉まっていたが、手で押してみるとまだ開いたので、大急ぎで外に出る。
ほっと一安心。
と思ったのも束の間、鏡に映ったぼくは、Tシャツにパンツ一丁。靴も履いていない。あわてすぎたか。メンバーは意外と冷静で、まだ電車は止まっているから、取ってくれば、と。急いで例のトイレにもどり、ブラックジーンズを手に取る。しかし靴はない。発車のベルが鳴る。まあ靴はトランクにも入っている、と、あきらめた僕は、すでに走り出した電車から飛び降りた。

トランクを開けると、赤×黄のリーボックが。あれ、これしかない。なぜか赤×黄のスウェットだの、Tシャツだの、トランクの中は全て赤×黄。スーツも入っていない。やばい。リハの後にでも買いにに行かないと。

と、目が覚めると、いつもの自宅のベッド。
夢占い的には、どういう意味があるのだろう。
と思いながら、もう一度目を閉じた。
[PR]
by soilblog | 2006-09-14 17:22 | Comments(12)
日曜日、渋谷に集まりませんか。
日曜日、DJします。場所は渋谷ASIA。
DJで参加させてもらっているイベント「Barrel」の3周年記念。
サンセットにも出演したThe eskargot milesや、なにかと最近耳にするImmigrants Bossa Bandのライブもあり。

それから、ここだけの話ですが、久しぶりにMixCD作りました。
これを先着100名の方にプレゼントします。
ジャケットはminima designが手作りでかわいいのを作ってくれました。

というわけで、日曜日は渋谷に集合。
以下、詳細です。

-------------------------------------------------------------

2006.09.10(sun) 16:30-23:30 at club asia
\3000(w/f \2500) 1drink & Mix CD

Live
-The eskargot miles
-Immigrants Bossa Band
-JIMMY OLD KAST
-medby


Barrel Crew
-社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
-Kaz.Com
-Gaku Yamamoto
-Yukie Sakamoto
-Shunsuke Sakai
-Daisuke Satoh & Takuya Higuchi


cut:ana design
-ITTETSU(MIDORI)
-ASATO(MIDORI)
-suguru ando(Signum)


-KAI(SUD)
-SHUDO(after the color)
-Shintaro Maki(nasse qui vire)
-HelloTM
-Yoshikatsu Yamada
-遊人(STRUD/Nu-ANTIQA)
-Hideki
-SAKKA
-駒井 憲嗣
-城内 宏信(PRIMO/GOODTIME)
-Tsukuda
-石井 崇彦
-KOJI(Sound Park)
-アベコウイチロウ(K.A.H.M)
-ムキムキてらちゃん(sound plaza)
-井上 治


-グリーン食堂 グリーンカレー \500 e.t.c

Barre HP : http://www.barrel-sound.com/
[PR]
by soilblog | 2006-09-09 05:04 | Comments(7)
SUNSET LIVE
僕らにとっての夏の締めくくりは、福岡SUNSETだった。
去年も書いたと思うが、最高な空気に満ちた、最も気持ちのいいフェスのひとつ。
3年連続で出演させていただいているが、ついにビーチステージの大トリを勤めさせてもらった。
なにも言うことはない。ただ最高に気持ちのいい空間だった。音楽を生業としている僕らが、「仕事」という感覚がまったく無くなり、半ば海に遊びに来たついでにライブをしているかのような錯覚に陥る。

みんなありがとう。

1. MEMAI
2. SUMMER GODDESS
3. THE BLACK WIDOW BLUES
4. i-RONY
5. SAHARA
6. A WHEEL WITHIN A WHEEL
7. SUFFOCATION
8. 殺戮ニューウェイヴ
9. MATURE feat. 犬式,CRO-MAGNON,COPA SALVO,BBBB,SPINNA-BILL

最後は、犬式洋平、クロマニオン、コパ・サルーヴォえりちゃん、BBBBコウさん、SPINNA-BILLを呼び込んでお祭り騒ぎ。プチnbsa。
最後はこうじゃなきゃ。楽しかった。

また来年もよろしくお願いします。
[PR]
by soilblog | 2006-09-07 03:07 | Comments(17)
Riquid room 恵比寿
昨日、恵比寿のリキッドルームにてライブ。
リキッドルームの2周年記念のステージに出演させていただいた。
対バンはライムスター。キング・オブ・ステージの名は伊達じゃない。

リキッドルームには思い出がある。
たしか1996年。新宿にあったリキッドルームで行われたガリアーノの解散ライブ。
昨日MCでも言ったのだが、これまでの人生で最も印象に残っているライブだ。
DJを始めて間もない頃であり、まだまだ音楽を知らず、「使える」音を探しまくっていた時代。いま思うと、一番不健全な音楽の聴き方してたね。当時は「ライブ」に対して、全く積極的ではなかった。同じ曲なんだし、CDでいいじゃん、と。しかし、大好きなガリアーノの最後のライブは見たい、ということで向かった歌舞伎町。
今でも覚えている。松浦氏のMCによって始まったライブ。浮遊するようなシンセの音から始まり、音が重なっていく。圧倒的だった。そこで放出されるパワーが半端ない。会場はひとつになり、ロブがその波を率いていく。
このライブを境に、音楽の聴き方が変わり、ライブに対する考えが変わった。そしていつかライブバンドをやろうと心に決めた。

そして昨日、僕はリキッドルームのステージに立った。僕にとっては10周年。

1, MEMAI
2, Summer Goddess
3, Sabotage
4, pimpnosis
5, 指輪(仮)
6, SAHARA
7, Scoop out
8, A wheel within a wheel
9, Suffocation
10,Mature
11,殺戮ニューウェイブ
[PR]
by soilblog | 2006-09-01 01:31 | Comments(14)
以前の記事
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。